スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

q.マニュアル化への決断!

住宅の販売は、注文建築にしろ、プレハブ住宅にしても、企画住宅にしても、完成している物を売る事はありません!(一部のプレハブの転売を除いては)ここが大きな問題に成ります。

建売住宅や、マンションの、販売はかなり近い線のモデルハウスがありますが、一般住宅の場合は展示場とは全く違う0からのスタートと言っていいのです。稀に展示場と全く同じと言う人も居ますが、本当に極稀です。

ですから必ず専用の間取り図を作る事に成ります。
この作業が、大変な訳です。
最近、耳慣れした法律ですが、建築基準法と、都市計画法の一部は必ず知らなくてはなりません。
しかし知っていても、お客様の建設地が分かっていないと、その基準に合わせた間取りが本来出来ないのです。
新人に取って初めに悩む事かも知れません。


しかし、企画プラン型の会社やプレハブメーカーはそんな事はお構い無しに攻めてきます。
彼らはお客様専用のプランを出す前に、こんな企画のプランだとこんな楽しいライフスタイルに成っていいですよ!と持ちかけます。
お客様の憧れの生活スタイルです。思わず気持ちが傾きます。
彼らは夢を先に与え、夢心地で決めたから、現実を照らし合わせて、出来ない言い訳にしていました。

家を建てた方の不満でよく聞きませんか?
私の所は○○が法律的に駄目だったので、残念だけど××を諦めたのよ!
良くある大手プレハブメーカーで建てた方の、声です。
こんな方近くに居ませんか?犠牲者です。

ある意味注文建築は真面目にお客様の要望をすべて叶えようとする傾向があります。
しかし、プレハブや、企画プランをやっている会社は、性質上出来ません。当然同じ営業スタイルにはならない訳です。

しかし注文住宅の会社も同じ方向に行く可能性が大です。
それは力の備わっていない営業がプランを造る事はお客様に取っては大変迷惑な事なのです。

注文建築とはお客様の注文を聞いて造る事では無いのです。
お客様の注文がまず、法律的に問題ないか?要望のバランスが悪くないか?生活環境にマッチしているか?等のアドバイスをしながら注文を完成させる必要があります。
そこで初めて正確な積算が出来る様に成る訳です。

新人は当然、5年位の中堅でも又はベテランでも営業がすべてを知っている事は極稀です。

そこで関連部署を巧みに使いお客様に、正しい情報を提案しようとする訳です。しかし窓口の営業が何処で誰を使うと効果的か!決める訳です。ここを間違うと、信頼を失い、折角の苦労が水の泡に成る訳です。

ここでよくある間違いがプランニングです。
最近は敷地調査をしてから出ないと、作らなく成りましたが当然の事です。
しかし当時はまだ敷地調査をしないで間取り作りで時間を使ってしまう営業も沢山いました。
又お客様も建てる所は広いから大丈夫と言った認識でした。

毎年新人を入社させて、1人前に成るのに最低5年はかかります。
しかしその間お客様を犠牲者にする訳にはいきません。

やはりマニュアル化されたシステムが必要に成りそうです。

次回マニュアル化の問題点です

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

2007.03.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

住宅会社を詳しく調べる

スポンサードリンク

お気に入りに追加 ↓

プロフィール

sumaiget

Author:sumaiget
建築バカの30年何が残ったのだろう!
悔いが残ったのか!
遣り残した事が残ったのか!
誇れる物は何も残っていないな!
プロフィールに誇れる物を残せる様に頑張ろう!

今何時?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

忍び

アンティーク家具

素敵なアンティーク家具・雑貨をリーズナブルにご紹介!
シェリーズ アンティークス

桐たんす

桐たんす

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。